ITの達人道場近い将来に達人と呼ばれるために

プログラマーのスキルアップ方法について

プログラマーとしての技術が高ければ、転職においても有利な条件で採用されることになります。エンジニア不足が慢性的に続く中で、腕の良いプログラマーが必要とされているからです。そのためには普段の業務の中で、どのようにスキルを高めれば良いのかが問題です。

とにかくプログラムは基本をしっかりと身につけることが必要です。その上で高度な技術も積み上げるようになるからですが、効果的なのはバグの修正をきちんと行うことです。それも人が書いたコードを読みながら行うことで、プログラムの流れや本質を掴めるようになります。また細かなテクニックを使っているようなコードがあれば、かなり参考になります。そのようにして得たテクニックは、すぐに試してみるのが一番です。

プログラミングはやはり、自分でコードを書くことで慣れるものです。参考になるテクニックも実際に自分のコードに組み込むことで身につくようになります。そしてさらなるスキルアップを目指す場合には、ウェブで無料のセミナーなどもあるので利用するのも良いでしょう。そのようにして基礎を身につけることができれば、次はプログラムの構成をどう効率化すれば良いのかを考えることに移ります。

これは設計図をどう描くかということですが、その作業を通してプログラミングだけではなく、プロジェクト全体のマネジメントにも通じるスキルを高めるようになります。転職する際に最も求められる人材は、マネジメント能力がある人です。全体の管理能力を培うことができれば、もう達人の領域でしょう。将来スキルアップを図ることで独立というルートが人生設計に入れやすいため、プロのプログラマーへの取り組みを今日から始めてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です